UNITED DX UNITED

ユナイテッドが提案する企業と個人のトランスフォーメーション

対談

昨今「デジタルトランスフォーメーション(以下、DX)」という言葉は日常生活でもよく耳にします。DXの重要性を痛感し、いままさに変革をせまられている企業も少なくありません。
そのような中、ユナイテッド株式会社は、さまざまなソリューションを通して「企業のトランスフォーメーション」と「個人のトランスフォーメーション」を支援しています。

本記事では、ユナイテッド株式会社の早川与規 代表取締役社長、金子陽三 取締役に、経営者が挑むべき変革の必然性や、変革のなかで経営者が果たすべき役割について、話を聞きました。

ユナイテッドグループとして、「企業のトランスフォーメーション」と「個人のトランスフォーメーション」を支援

ー現在ユナイテッドグループとして、DXプラットフォーム事業を成長期待事業と位置づけておりますが、どういった背景があるのでしょうか?

金子陽三(以下、金子):
一つはこれまで様々な事業を展開してきたなかで培ってきた経験やノウハウを社内の事業に限らず、変化を強いられる現代社会に提供したいと考えたからです。またグループ会社であり、オンラインプログラミングスクール「TechAcademy(テックアカデミー)」を運営しているキラメックス株式会社が成長している状況も鑑みて、DXプラットフォーム事業を成長期待事業と位置づけました。 

早川与規(以下、早川):
DXには「企業のトランスフォーメーション」と「個人のトランスフォーメーション」の両面があると考えています。「企業のトランスフォーメーション」は弊社で展開しているDXコンサルティング事業を足掛かりとし、グループ会社である株式会社ブリューアスのアプリ開発事業などを行い、「個人のトランスフォーメーション」ではグループ会社であるキラメックス株式会社のIT人材輩出サービス「TechAcademy」を運営し、DXの実現を図ります。今後は現状の事業に加えて、「企業のトランスフォーメーション」と「個人のトランスフォーメーション」を推進するような、新しい事業やプロダクトを育てていきたいと考えています。

金子:
単にDX事業ではなくDXプラットフォーム事業と定義しているのには理由があります。それは、「企業のトランスフォーメーション」と「個人のトランスフォーメーション」は両輪であるべきだと考えているからです。企業が何かしらのDXの計画を立案し、取り組んだとしても、実際にそれを実現する人材やその後の運用を行う人材がいなければ成功はしないですよね。事業のなかでシステムをしっかり使いこなす人材が必要です。コンサルテーションだけでも教育だけでもなく「企業のトランスフォーメーション」と「個人のトランスフォーメーション」が両輪として回っている状態を創ることで「我々はプラットフォームである」と言えるはずです。

既存事業の「深化」と新規事業の「探索」を同時に行う

ー激動の時代のなかで生き抜くために企業としてどうあるべきか、経営視点からお話しをお聞かせください。

早川:
「両利きの経営」(※1)という本にあるように、事業の「深化」と「探索」が非常に重要だと思っています。一つの企業が長く続いて進化変態しながら成長を続けるためには、既存事業を継続して深掘り磨きこんでいく「深化」と新規事業の「探索」を同時に行わなくてはならないと思います。この二つをスムーズに行うために、本年10月に発表した通り、ユナイテッドグループでは、ユナイテッド単体でDXプラットフォーム事業の「探索」に注力し、既存事業であるアドテクノロジー領域やコンテンツ領域は、一層の「深化」を図るべく、分社化等、コーポレートストラクチャーの変更を行うことにしました。

※1「両利きの経営」チャールズ・A・オライリー/マイケル・L・タッシュマン著/入山 章栄監訳/冨山 和彦解説/渡部 典子訳

金子:
一つの事業を伸ばそうと最適な人を集めた結果、その事業が伸びる可能性は当然高まります。しかし全く別の世のなかの変化に耐えうる新しい事業を作ろうとすると、既存事業を最適化するために運営してきた組織でその新しい事業を立ち上げるのは極めて困難です。日本の大手企業で新規事業を立ち上げるのが極めて難しいのは必然と言えます。だからこそ経営陣が舵を切る場面はかなり重要になってきますね。

早川:
これまで変化することが難しいとされてきた事業領域のデジタル化も時間の経過や新型コロナウイルスの影響もあって門が開いたと感じています。社会環境の現状認識は非常に重要で、そこを間違えると自分では変革したつもりでも第三者から見れば全く変革できていないといった状態になってしまう危険性があります。

金子:
いままで日本で起こってきたのは既存事業のオンライン化、デジタル化です。しかし、いま求められているのはビジネスモデルそのものの変化や人々の生活習慣の変化に対応した変革です。それらを実現するための方法がDXだと思っています。

変化することは大前提であり、変化のなかにこそチャンスがある

ー既存事業のビジネスモデルを変化する際になかなか切り替えができずに苦しんでいる企業様も多いと思います。こちらについてはいかがでしょうか。

早川:
ネット企業のなかでも継続して成長を続けている企業は、何かしらのタイミングで事業をピボットしています。私はこれまでのキャリアで長年広告に携わってきましたが、インタネット広告事業領域においても、PCインターネット、フィーチャーフォン、スマートフォンと時代に合わせた大きな変化がありました。広告という軸は同じながらも、単にデバイスが異なるということだけではなく、各々ビジネスモデルが大きく異なります。この先も当然のように大きな変化が起こることは必然です。むしろ、変化がなければ成長は続けられません。

金子:
変わらないことに対する危機感を強く持っていますね。同じ状態が続くことへの恐怖というか。

早川:
その通りです。変化する方が我々のようなベンチャー企業にとってのチャンスが生まれるし、なによりその方が面白い。そして若い人がどんどん力を発揮できる。

金子:
かつてはインターネット業界のなかで一つの会社でも様々な事業を展開する時代でしたが、産業レベルでの変化が求められる時代になり、特定の分野に特化していないと勝負ができなくなっています。そこでユナイテッドでは事業毎に分社化した方が競争力が上がると判断しました。このように、時代の変化を見極めながら多くの決断をしています。

変化に対応できるだけでなく、変化を作る側にならなくてはいけない

ーデジタル社会のなかで、どういったスキルを身につけておくべきでしょうか?

早川:
以前は、専門性がなく、ある種「受け身」の仕事をしていても定年退職までは仕事がありましたが、これからはそうではない。スキルというよりも、「自分が何のプロフェッショナルなのかを一層クリアにして、能動的にキャリアをつくらなければならないと思っています。

金子:
いずれにせよ長いキャリアのなかで「何か」を探さなければいけません。その「何か」は陳腐化するのがとても早いので、一時的に何かのスペシャリストになっても、時代が変化していくとそのスペシャリティは評価されなくなってしまいます。変化し続ける習慣をつけることが大事だと思います。

早川:
自分でゼロから何かを創り出す人を増やしていくことが、我々ユナイテッドの使命だと思っています。
誰もが、個人の内面から自然に出てくるような自分のミッションをどこかのタイミングで見つけなければならないと思いますし、個人の意思をもってやりたい仕事に能動的に取り組む姿勢が、変化に対応し、個人のトランスフォーメーションを実現する上で大切なのだと思います。

金子:
そうですね。また変化に対応できるというより、変化を作る側にならなくてはいけないと強く感じていますね。これからもDXの支援を通して、日本のさまざまな企業や個人が成長し、活躍している状態を作っていきたいと思います。